若いうちに経験したい海外留学

大人になった今思うのは、若い時に海外留学をしておいて良かったと思うことです。

結婚して家族を持つ前に一度は日本を飛び出して、海外で様々な体験をすることをおすすめします。家庭を持ってしまうと、なかなか自分の思う通りの生活はできません。

特に子供ができると生活が子供中心になってしまうので、自分のしたいことは後回しです。

学校を卒業して、一度は就職する人が多いと思いますが、海外への憧れを抱いている人はそこで資金を貯め、ある程度仕事を覚え達成感を持てたら、キャリアアップのために是非海外へ出てみてください。

留学資金を貯めながら語学の勉強も進めておくことが重要です。全く外国語が話せずに留学するのとある程度身につけてから行くのとでは留学生活も違ってくるものです。

せっかくの限られた時間の中での留学生活で、基礎から始めるのではもったいないです。実践での会話がどんどん増えれば、それだけ語学に対し自信がつきます。

いくつになってもやる気さえあれば年齢は関係ないと言うけど、周りが皆若いと特に日本人は少々気後れしがちになります。

若い時と違って歳をとるとどうしても構えの姿勢になってしまいますし、冒険心も若い頃に比べると減ってしまうものです。

たとえ失敗しても何度でもチャレンジできるのはやはり若い時にしかできないものです。若い時は恐れをあまり感じず何事にも取り組めますが、歳をとるとどうしても保守的になりがちです。

海外へ行くチャンスがあるのなら是非若いうちに行ってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *