短期留学のメリットと注意点

留学と言えば、海外に何カ月、場合によっては何年も滞在するものを想像しがちですが、明確な将来設計に基づくものでなければ、実行は難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、休暇を利用した1週間から1カ月程度の短期留学です。

そんな短期間だけ外国で過ごしてもさして語学力が上がるわけでもなく、たいして意味がないだろうと思うかも知れませんが、決してそんなことはありません。

海外の空気を肌で感じることによって日本との違いを知り、視野を広げることは大変有益です。また、語学に関しても生の外国語を聞くことで自分の語学力をはっきりと認識した上で、具体的な努力目標を設定することができます。

短期留学は大学生になって初めて経験したという人が多いですが、できれば高校生の内に経験しておきたいものです。

なぜなら、大学生は具体的な将来を見据えての活動に重点を置くのが好ましく、視野を広げるという風な土台となる経験はなるべく若いうちに通過しておいた方がいいからです。

ただ、初めての海外生活は勝手が分からず、トラブルに巻き込まれやすいものです。寮生活にしろ、ホームステイにしろ、その土地にはその土地独自のルールがあります。

日本とは違う習慣や文化があることを理解し、現地の人々と打ち解ける努力をすることが留学の成功の近道だと言えるでしょう。

また、言葉が通じないからと消極的になって引き籠ってしまう人もいますが、相手も言葉が通じないことを承知の上で受け入れているわけですから間違いを恐れずに積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *