留学、いつするか、どこに行くか

留学は昔に比べて非常に身近なものになってきました。

アメリカ留学を考えるにあたって、何が大事なのでしょうか。まず一つは、何の為に海外で学ぶのかという事です。語学の習得、専門知識の研究、異文化交流など、個々の目的は様々でしょう。考えて欲しいのは、その目的というのは留学をしないと得られないものなのかという事、そしてその目的に向かうビジョンが今の自分にあるかどうかです。外国での暮らしには、周りの家族や先生の協力や理解、多くのお金、時間、考えられるトラブルに対する備え、異国での生活での自分自身の心と体への負担への対策など、たくさんの事が必要です。

これらを考えて、海外で学ぶと言うのはどういう事なのかを慎重に検討する必要があります。また、費用の面は多くの学生を悩ませます。外国人用の奨学金を設けている大学も中にはありますが、適用条件はそれぞれ違いますのでしっかり調べておく必要があります。もし、現在高校生で将来海外で学びたいと考えているのなら、留学費用があらかじめ大学の学費に組み込まれている学校を選ぶのも一つの方法です。

その場合、日本の大学の学費を払っておけば海外の大学の学費は別途発生しないので、実質的な負担は海外での生活費(食費、住居費等)という事になります。この場合、高額な費用の心配は軽減されます。このように、具体的な目的と共に様々な準備をし、目的を達成するにはどうしたらよいかを常に考えながら学ぶならば、有意義な留学となるでしょう。逆に何となく海外に行きたいというのであれば、貴重な時間とお金の無駄となることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *