留学で語学力をしっかり付けるためには

留学には渡航費や、授業料、滞在費に生活費と多くの費用がかかります。

せっかく大金をはたいて渡航したのに目的が達成できないと無駄になります。語学留学などされる学生が多いのですが、たいした成果を上げられず、国内で語学学校に通っても変わらなかったというケースもあります。しかし、しっかり勉強すればこのような残念な結果にはなりません。よくあるパターンで、日本人学生のみで固まって生活し、語学学校の講義もサボり観光ばかりしているようなケースです。日本語しか使わずに生活するわけですから、語学が身につくはずもありません。まずは講義にしっかり出席するという姿勢が大切です。

英語圏に留学する場合、日本人ですと南米やヨーロッパ、中国などからやってくる学生に圧倒されて発言できないケースがあります。英語圏での講義の多くは、自分から積極的に授業に参加しないといけません。自ら発言しないと、寂しい思いをしてしまい講義に行きたくなくなります。会話する事に自信のない学生は、レベルチェックより少し下のクラスに入る事を検討しても良いでしょう。

語学力が対等より少し下の学生の多いクラスの方が発言しやすいケースもあります。また、余暇は日本人ばかりとではなく、様々な国の留学生と過ごす事をお勧めします。英語を使う機会を増やすほど、英語力は上がります。日本人と繫がっておくのはいざと言う時安心ですし、英語力の無い人ほど非常事態に頼れる同胞というのは心強いです。お互いに語学を身につける事を第一に考えて、切磋琢磨できるような友人を外国人、日本人問わずに得られると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *