英語があまりできなくても留学はできるか

留学は異国に行って生活しながら、勉強をするものです。

英語ができた方があるゆる点で有利になります。特に生活するためには、英語が必要になります。ただし、留学するときに英語が流暢に話せる必要はありません。片言の英語しか話せない場合でも、身振り手振りを交えれば、意思の疎通はできます。また留学している間に言葉を覚えて、覚えたことが現地での生活に役立つこともあります。全く英語ができない場合は留学は避けた方が良いですが、片言でも話せる場合は避ける必要はありません。

ただしアメリカやイギリスの大学に行くのはやめた方が良いでしょう。まず入学試験で落とされてしまいますし、たとえ簡単な大学に入れても、勉強についていけない可能性が高いです。英語があまりできない方の場合は、フィリピンがお勧めです。フィリピンは物価が安いので、生活しやすいと言う大きなメリットがあります。他には、マンツーマンの授業を受けられるメリットもあります。マンツーマンの授業を受けられるのも授業料が安いからです。

欧米でマンツーマンの授業を受けたら、莫大な費用が必要になります。フィリピンに短期間行って、英語の特訓を受ければ、英語がある程度話せるようになるでしょう。その後にアメリカやイギリスに留学するのが良い方法です。フィリピンに行って英語を勉強するのには、それほどお金はかかりません。英語が片言しか話せない方でも短期間フィリピンに行くのだったら、それほど負担にはならないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *