英語力が伸びる留学の仕方とは

留学をする時に大切なことは英語力を伸ばすことです。

英語力が伸びると今後の人生にプラスになりますし、進学や就職、転職の時も役立つでしょう。英語力を伸ばす留学は、日本人がほとんどいない地域に行くことです。日本人がほとんどいなければ、どうしても英語を使わなければなりません。仕方なく英語を使うようになり、英語の力は伸びていきます。

逆に日本人が多い地域に行ったら、日本人とばかり接したり、つい日本語に頼ったりして、いつまでたっても英語の力は伸びていきません。日本人が少ない地域に行くのは不安を伴いますが、自分のためになると信じて出発しましょう。日本人があまり暮らしていない地域としては、アメリカの南部があります。全く日本人がいないわけではありませんが、西海岸や北部にくらべたら日本人の数は少なくっています。

ただしアメリカ南部は留学には向かない地域という意見もあります。保守的なところで、有色人種に対する偏見が強く、英語の訛りが強いことなどがマイナスになるのです。しかし一口に南部と言っても広いので、留学に適した大学や語学学校も少なくありません。

カナダも日本人の数が少ない地域があるので、留学先としてはお勧めです。バンクーバー等の大都市には日本人が多く住んでいますが、小さな都市や地方だったら、日本人の数は少なくなっています。多民族国家なので、カナダはアメリカの南部にくらべて、日本人を受け入れやすい地域です。また英語の訛りもあまりありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *