語学留学で費用を抑える方法

留学する際、ほとんどの人が一番気にかかるのが、費用ではないでしょうか?留学は英語を学ぶ目的と、専門学校、大学、大学院などで、専門分野を学ぶ目的に分かれますが、多くの人は英語の習得を目的とした語学留学をします。

語学留学の費用は期間や国、語学学校によっても変わってきます。一番安くできるのは長期のオーストラリアです。ただし、これは就労して給与を得た場合です。3か月以上、語学学校に通えば、オーストラリアでは学生ビザを取得できます。働いてお金を稼げは、東南アジアの短期留学よりも費用を抑えることができます。オーストラリアの最低時給は15.6ドル(約1840円、レートによって異なる)です。さらに給料は土曜日は終日1.25倍、日曜日は夜20時までは1.5倍、夜20時以降は1.75倍、祝日に至っては2倍という破格のシステムとなっています。

正規の仕事に就くと、税金は30%引かれますが、申請すれば全て戻ってきます。(タックスリターン)。ただし、物価も高く、住宅はシェアハウスが基本です。在学中にバイトをしなければ、物価の安い国のほうがベストですが、働いて学費や生活費を稼ぎたいと思っている人にとってはオーストラリアは最適です。学生ビザ以外にも、ワーキングホリデービザを活用する方法もあります。ワーホリビザは1年間の間に、就学、就労、観光ができるビザです。

語学学校に通える期間は数か月と制限がありますが、働きながら、旅をしながら、暮らしながら、語学を学びたいと思っている人には最適なビザです。ワーホリビザはオーストラリアに限らず、ニュージーランド、カナダ、ヨーロッパの国々、アジアの国々で導入している国は多いので、自分の住んでみたい国を選ぶことができます。ワーホリビザは30歳までなど年齢制限があります。一生に一度のチャンスなので、このビザを活用するのもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *