寒さが心配のカナダ留学

カナダ留学を考える人たちが躊躇する理由として気候があるかもしれません。

カナダと聞くと「とにかく寒そう」というイメージがあるため寒さに苦手な人は特にオーストリアやニュージーランドを留学先として選ぶのでしょう。確かにカナダは日本よりも寒いです。しかしながら世界で2番目の国土を有するカナダです。行先の都市によってその気候や平均気温は大きく異なってきます。バンクーバーやビクトリアのある太平洋沿岸は比較的暖かく、カナディアンロッキーのある山岳地域は寒さが厳しくて夏でも上着が必要です。カルガリーは平原地帯にあるために寒暖の差が激しく、トロントがある五大湖地域は四季がはっきりしています。

また当然ですがイエローナイフなど北極圏は一年中極寒となっています。カナダの主要都市は概ねアメリカとの国境が近い南部に集中しているので日本人が抱きやすい「とにかく寒い」というイメージは捨てた方が良いでしょう。住居は寒い冬でも暖かく過ごせるようにアパートでもヒーターが完備されているのが普通です。窓は二重になっているので冷たい外気が入ってくることもありません。風通しがよい日本の住宅よりも寒さに備えができているの冬でも室内はTシャツで過ごせたりします。

またバンクーバーの年間を通じた平均気温も東京とほとんど変わらず、冬でも雪が降ることは少ないです。カナディアンは夏が大好きです。街も夏になると活気をだしてその季節を楽しもうという雰囲気がみなぎります。もし寒さを理由に留学を躊躇しているならぜひ騙されたと思って検討してみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *